犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。体内の活性酸素を除去することによって未然に病気を防げる可能性があります。

犬の死因は人間にも多いこんな病気

犬の病気も早期発見!

犬にも癌になる事があるというのはご存知ですか?今や動物は私達の生活にとってまさに家族と言える存在になっています。そんな存在である犬達は、実は私達と同じ病気になる事があるのです。

例えば癌や心臓病。これらは私達人間の死因としても有名ですが、実は犬の死因としても多く見られる事例なのです。治療に関しても非常に困難なのですが、早めに対策をする事によってある程度防ぐ事が出来たり、また完治させる事が出来るというのも人間と似ていますよね。

ちなみに、癌の場合ですと人間よりも犬の方が発症率が高いのです。

どうしても老衰や事故によって亡くなってしまうケースばかりを思い浮かべてしまうのですが、実は人間と同じような病気で犬も亡くなっているのです。

犬の様子がなんだかおかしい…そう思ったらとにかく早く動物病院に連れて行くことが求められます。早い段階で治療をすれば助かる命も多いんですよ。ただし、やはり普段から生活に気をつけてこまめに健診を受けさせてあげる事が一番大切です。

病気の症状は表には出ない

例えば腎臓を患っても犬の場合は症状がなかなか出ません。 腎臓が悪くなっても他の器官がその機能の一部を引き継いでくれますので、その分症状が出にくくなってしまうのです。ただでさえ動物の病気というのは、大きな症状が出ない限りなかなか気づく事が出来ないケースもあります。だからこそ普段から気を遣ってあげる必要がありますね。

犬が心臓病を患ってしまう事もあります。この場合、手術で完治する場合もあるのですが中には手術を受ける事の出来ない犬もいます。そうしますと、今後は一生治療を続けていく必要があります。

近年では人間用の食事を一緒に食べるようにしているご家庭も増えてきました。ですが、それでは犬の心臓や体に大きな負担をかけてしまう事があります。ペットフードは美味しく食べられる工夫だけではなく、健康の事も考えて作られています。なので、ちゃんと専用の食べ物を与えるようにして栄養をコントロールし、また室内犬の場合は特にあまり散歩に出さなかったりで運動不足になっているケースも多くありますので、しっかり体調の事を考えながら運動も取り入れてあげる必要がありますね。

定期診断が早期発見の鍵

人間でも普段の生活と、そして定期的な健診が必要になります。それは犬も同様ですし、更に私は人間以上にこまめなケアが必要だと思っています。犬は何かを伝えたくても私達のようにそれを言葉にする事が出来ません。だからこそ私達人間はもっと犬の病気について知り、その対策を行っていく必要があるのです。

ペット用水素水 ペットの甦り水