犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。体内の活性酸素を除去することによって未然に 防げる可能性があります。

ペットの健康を考えた水素水とは

飼っている犬の水の安全性を考えよう

あなたのご自宅ではペットを飼っていますか?特に飼っているペットが犬であれば、私たち人間と同じように哺乳類ですから、飲用するお水などは出来るだけ健康に良いようなものです。

例えば、ミネラルウォーターを飼っている犬に飲ませているというご家庭があります。ここで注意して欲しいポイントは硬水のお水を飲ませないこと。結石など、病気になる可能性があることを覚えておきましょう。通常の水道水でも、軟水であれば何か大きな病気にかかるという心配は少なくなります。

しかし、地域によってはカルキ処理を強力に施していることもあります。やはり、水道水を犬に飲用させることはあまり好ましいことであるとは言えません。

飼い犬の飲用水の品質にこだわろう

通常、水道水などでは酸化還元電位がプラスの値になっているのが一般的です。酸化還元電位とは、水が酸化を進めるスピードです。プラスの値が高いほど強烈に参加しますが、一方でマイナス値に高い場合は酸化を防ぐ効果が期待できるというものです。

よく、電子分解アルカリイオン水などを見かけます。これは、電気的な方法で水の還元電位をマイナス値にするというものです。したがって、こうした水の酸化還元電位からは酸化を防ぐ効果が期待できます。

しかし、一方で注意しなければならない点もあります。それは酸化還元電位を電気的な方法で行うと、水がアルカリ性になってしまうという点です。弱いアルカリ性であれば特別影響はないのですが、強いアルカリ性は人体に関して非常に有害であり、出来るだけphの値は水道水の基準値内でも、特に最適な位置のphのものを飲用させてあげたいものです。

飼い犬には安心できる水素水を

飼っている犬の健康を促進させ、病気と縁がない一生を過ごしてもらうためには、やはり酸化を防ぐことは非常に重要です。しかし、それだけでなく、同時に、phの単位も安定した「本当に安全なお水」を飲んでもらいたいものです。

したがって、電気的な方法で酸化還元電位を作り出しているのではありません。したがって、phも水道水の範囲内に収まり、ペットの健康効果が期待できるお水となっているのです。今まで水道水を与えていたご家庭やミネラルウォーターを与えていたご家庭は、ペットの健康を第一に考えるのであれば、ペットのためのお水を使用することをオススメします。これからは普通のお水を与えていても、健康効果は期待できません。