犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。体内の活性酸素を除去することによって未然に 防げる可能性があります。

犬を病気にしないために大事なこと

時代と共に変化する犬の生活

ここ数年、動物病院に来院する犬の理由の多くは何だと思いますか?アトピー性皮膚炎や腎臓病・心臓病、また、嘔吐や下痢といった飼育環境と生活習慣に起因する病気や症状が本当に多いのです。

近年、犬の平均寿命もずいぶん伸び、20年前の平均寿命が6~7歳だったのに対して最近では14歳~15歳と、この約20年で倍以上に伸びたというデータがあります。こうした背景には、室内で犬を飼う方が増え、清潔な環境できちんと栄養バランスのとれたドッグフードを与えられるようになった、飼育環境の向上によるものがあるといえます。そんな今、最も多い病気と死亡原因は生活習慣病です。人間と一緒なのです。

生活習慣病とは、毎日の生活で少しずつ体のバランスが崩れ、年齢・老化と共に現われてくる病気であり最悪、大切な愛犬の命を奪ってしまいます。

ペット用水素水 ペットの甦り水

全て犬の立場になって考えよう

それでは、人間と犬の生活習慣の大きな違いは何でしょう?犬の生活習慣全てを作りだしているのは、飼い主の飼い方なんです。犬は本能で行動するので、そこに生活習慣を改善しようなどという考えはありません。飼い主の飼い方が、犬にとっての環境すべてなのです。

気付かないうちに、ひょっとしたら良かれと思っていた事で、飼い主自身が病気を作り悪化させてしまっていることがあるかもしれません。「決まった食事量を与え、散歩も毎日適度にさせているから大丈夫」そうおっしゃる方がいるかもしれません。食事と散歩。飼い主が毎日、日常的に行っているごく普通の行為です。でもあなたは犬の年齢や犬種によって散歩の仕方が異なる事体調悪化の原因を作ってしまう可能性があることをご存知ですか?

でも、飼い主のちょっとした気遣い、飼い方でいつまでも普通に歩き続けることができる犬でいられるのです。そのためにも、日常何気なくしている「飼い方」をもう一度見直してみてほしいのです。

毎日愛犬の世話をしているあなた。それは犬を飼っている以上、必ず誰でもしていることです。でも、そのやり方で本当にいいのでしょうか?あなたは、愛犬が望んでいる飼い方を、考えたことがありますか?飼い方次第で病気を「管理」する事はとても簡単なことです。

皆さん、病気は「薬」で治す。獣医師が治すと考えています。確かに難しい病気も沢山あり、獣医師しか出来ない医療があるのも事実です。でも、もっともっと飼い主さんが出来ることって、たくさんあるんです。もちろん我慢が必要なこともあります。甘やかしばかりではいけません。

ですが、こうした様々な行為の中で、心と体に深刻な影響があるものをキチンと理解し、実践することで、犬は劇的に変化していきます。それまで「飼い主」の判断で、よかれと思ってしていた事が、本当は犬にとってどれほどのストレスを与えてしまっていたか。犬は話せない分、その違いは仕草や体に、ストレートに現われてきます。

犬にとって本当の喜びが、健康で豊かな時間を増やし、寿命を延ばし飼い主との充実した時間を満喫することに繋がっていくのです。あなたの大切な犬も元気に長生きさせてあげてください。