犬の病気|犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。体内の活性酸素を除去することによって未然に 防げる可能性があります。

癌、心臓病、腎臓病

硬水が引き起こすペットへの有害性

「飼っている犬にミネラルウォーターを飲ませれば安心」という風潮があります。特に先の大地震以降、放射能という言葉が必要以上にマスコミで騒がれているということも事実で、その影響からか「ミネラルウォーターなら大丈夫ではないか」と考えている人も居ることは否めません。

しかし、ミネラルウォーターなら何でも安心というわけではありません。例えば、硬水のミネラルウォーターを飲むことによって、犬が重大な病気になる可能性もあります。

それは、犬の尿道結石や、腎結石などです。硬水のミネラルウォーターを飲み続けることで次第に尿道などに結石が出来てしまい、排尿が困難になったり、血尿になったり、非常に危険な状態になります。最悪の場合、急性腎不全や尿毒症になってしまうこともあり、飲み水の選び方は非常に重要です。

必要なのは軟水の水素水

飼っている犬の健康を守るためにも軟水のお水を飲ませてあげたいものです。自分のペットが排尿に関して苦しんで、病気になってしまう姿を見たくはありませんよね?

ペットに関してこのような不安を抱えている方には是非、ペット用の水素水をおすすめします。これは特殊な製法によって、濃度の高い水素を直接推し込んだ特殊な水です。したがって、科学的な方法を使わない活性水素水でありながら、お水自体は富山の軟水です。

結局、動物は自然の中で生かされています。出来る限り、天然成分に基づいたものや、天然の状態の水を飲ませてあげたいものです。しかし、カルキの関係などもあって水道水も安全なものとは言えなくなってしまいましたから、水素水の利用が最適ということです。

適切に排尿が行われていることを確認しよう

犬の尿結石

飼っている犬の健康状態は、見ているだけでもチェックすることができます。例えば、何度もトイレに行っている、長時間排尿しようと踏ん張っている、ほとんど尿が出ていない、血尿になっていたなど、これらの行動は全て尿結石のサイン。病気になってしまったら、すぐに獣医さんに見てもらいましょう。

もちろん、日頃飲んでいるお水から尿道結石を予防することは可能です。硬水のお水を飲ませるのではなく、軟水のお水を飲ませるようにしましょう。

あなたが飼っている犬は言葉を発しません。したがって、あなた自身が気づき、常に健康状態に考慮しながら世話をしてやることが重要なのです。