犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。体内の活性酸素を除去することによって未然に 防げる可能性があります。

犬の病気予防と水の関係

犬の健康を守るためには、飼い主に正しいケアの知識が必要です。病気による、ペットの主な死因は「がん、心臓病、腎臓病」など、人間と同じような病が問題となっています......。

犬の健康を第一にケアを行うには、まず普段の(ペットの)食生活を見直してみましょう。体に負担の大きな餌や水を与えている場合は、消化器系の病にかかる恐れがあります。また、免疫機能が低下しないよう、安全で栄養価の高い食事を与える事が非常に重要と言えます。

犬の病気予防で、今最も注目を集める商品があります。それは「ペット用水素水」と呼ばれる飲み水です。水素水は、近年(人間用の)飲料水としても大きな注目を集めています。実は、人間の成人病を予防する効果の高い水素水は、ペットにも大きな効果を発揮してくれるのです。

人間よりも体の小さなペットは、水素水がより「効果的に働く」という研究データも発表されています。即効性も高いので、病気予防と同時に毎日の健康維持には大きな役割を担ってくれます。また、水素水は抗酸化作用はガンや糖尿病、消化器系の病などをブロックする働きを持っているので、ペットの長生きと健康管理には欠かせない存在と言えます。もちろん、犬だけではありません。ペット用水素水は猫にも与える事が可能です。

犬や猫は腎臓病にかかる事が多いため、水素水のように「ミネラルの多い水」を避ける事が大切です。この点、水素水はミネラルが少なく、体に負担を与える心配がないので、毎日の水分補給には「ペット用水素水」を用いるのが良いでしょう。

多くの愛犬家が選ぶ水素水として、最も人気が高いメーカーに「スパシア水素水」が広く知られています。スパシア水素水は、化学処理を行わないため、余分なミネラルが水の中に含まれていません。また、原水にはRO膜と呼ばれる濾過装置を採用しているので、ウイルスや細菌をしっかりブロックする事も出来ています。

他のメーカーでは、スパシア水素水のように豊富な水素成分をキープする事が難しいかもしれません。なぜなら、スパシア水素水には特殊な「水素成分の抜けない」容器とキャップ(特許取得済み)を採用しているので、高濃度で犬の体に良い成分が豊富に含まれているのです。

愛犬家の中には「ミネラルウォーターを与えています」という方が時々いらっしゃいますが、ミネラルが多く含まれるとペットの体には負担を与える事になります......。普段から、きちんとミネラルの少ない飲み水を選び、水道水やミネラルウォーターを使わないようにしましょう。

犬の健康を第一に考えるのであれば、これからの時代「ペット用水素水」を用いるのがベストな選択と言えるでしょう。