犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。体内の活性酸素を除去することによって未然に 防げる可能性があります。

犬もストレスで病気になる

犬もストレスを感じる

現代はストレス社会。人間も日々、多くのストレスで悩まされています。それと同様に、犬も現代では人間と同じようにストレスを感じているのです。中にはストレスで病気になってしまう犬も多いのです。

犬にとってストレスとはどういうものがあるんでしょうか?

どういうときに犬はストレスを感じるのでしょうか?大好きな家族と一緒に過ごすことは、集団生活をする犬にとっては安心なことです。ですが、例えば友人の来訪や宅急便の人など、自分と見知らぬ人に対しては不安を感じて、怖がってしまうこともあります。また、いつもの散歩でもはじめて出会う犬とかを見ると敵意むき出しで吠えたりしますよね?それは自分を主張しているのと同時に、少なからずストレスを感じているのです。

小犬の時からの成長過程で、飼い主がうまく愛情を与えていないと、それも不安になってしまいストレスの原因になります。犬は一般的に言葉を理解することが出来ないため、飼い主の表情やら口調、声のトーンなどで犬なりに解釈しています。そのため、声を荒げたり、怖い顔で怒鳴ったりすると、それだけで犬は恐怖を抱きストレスを感じてしまいます。少し挙げてみましたが、想像以上に犬はストレスを感じやすいことがわかってもらえるでしょう。

飼い主の側としては、小犬の時からいろんな環境や人に慣れさせたり遊びや体をなでるなどの行為から愛情を注ぐなどストレスが最小になるように努力することが大切ですね。

ペット用水素水 ペットの甦り水

実際にストレスが原因でどんな病気になる?

このようなストレスが日ごろから過度に加わってしまうと犬はどんな病気になってしまうのでしょうか?代表的なものをあげると、脱毛があります。

生え変わりの時期ではないのに、急に体毛が抜けたときなどは注意が必要です。

他には、分離不安という心の病気があります。飼い主から離れると不安を抱き、飼い主がいないときに異常行動を行うのです。寂しいのか吠え続けたり、新聞などを異常に噛んだり、物を壊したりすることもあります。また、ところ構わずおしっこやうんちをするようになったりすることもあるようです。

一人で大人しく留守番ができるようにならないと飼い主も安心して外出することが出来ずとても苦労することになるでしょう。

また、強迫神経症という病気もあります。ストレスから不可解な行動をくり返すようになるのです。自分の尻尾を追いまわしたり、尻尾に噛みつく、足裏など同じところをなめ続けるなどがあります。

精神的な病気に関しては、愛情不足が原因だったりもするので、スキンシップを取り出来るだけかまってあげることが大切です。