犬の病気|犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。体内の活性酸素を除去することによって未然に 防げる可能性があります。

水道水と犬の健康

ほとんどの飼い主の方は、犬だけでなく、ペットに与える水は「水道水を使っています」とお答えになられるでしょう。しかし、犬の健康を考えるのであれば、水道水の使用はあまりおすすめ出来ません......。もちろん、普段のシャンプーなどのケアには、水道水を使っても構いません。しかし、飲み水となれば人間同様、安心出来るものを用意する事が大切です。

無色透明に見える水道水には、多くの塩素、摂取した土地に存在する成分(鉱物)が含まれるため、毎日飲み続ける事で腎臓や消化器系の部分に負担を与える事があるのです。水道水は、浄水器などを一旦通せば「ペットに優しい水」の状態にする事は可能です。水道水をそのまま使うのとは違い、塩素やトリハロメタンをある程度取り除く事が出来るでしょう。

犬も人間と同じように、体内の多くが水分で出来ています。このため、きちんと健康に良い水を与えてあげる事で「元気で長生き」な犬を育て上げる事が出来るのです。最近では、犬用に開発された「ペット専用水素水」と呼ばれる商品が人気を呼んでいます。水素水は、犬の病として多いがんや糖尿病、心臓病などのリスクを少なくすると言われているからです。

では、なぜ 「ペット用水素水」が、糖尿病やがんに効果を発揮するのでしょう?実は、水素水に含まれる「水素」には、体内の活性化酸素をブロックする効果があるのです。このため(水素の働きによって)細胞やDNAなどを傷つかないようになるので、「ガン予防に効果が高い」と評判を呼ぶ事となったのです......。

実際にペットだけで無く、人間の成人病・ガン予防に水素水は大きな効果をもたらしています。体の小さな犬や猫などのペットであれば、なお「即効性の高い効果」が得られるのでおすすめです。

現在「ペット用水素水」を使っている家庭では、犬の病気予防だけでなく、犬の毛並みが良くなった、最近元気に走り回るようになったなど、様々な声が上がっています。また、水素水は細胞の老化を防ぐ働きが強いため、アンチエイジング(老化予防)にも、大きな効果が期待出来ます。大切な犬が長生きをし、いつでも元気に過ごしてくれるのは、飼い主であれば誰もが望む事でしょう。

ペット用水素水のように、抗酸化作用が高くミネラル分の少ないものを用意すれば、ペットの健康やケアにも安心して使用できます。まだ、水素水を使った事が無いという方は、最も人気の高い「スパシア水素水」を試してみてはいかがでしょうか。愛犬の元気な姿が見られるはずです。