犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。体内の活性酸素を除去することによって未然に病気を防げる可能性があります。

水をよく飲む、犬の病気とは?

現在飼っておられる犬が、いつもより「多く水を飲むようになった」と感じたら注意が必要です。犬は、体内の水分が不足していない時でも、脱水症状になりやすい動物です。このため、多くの水分を必要とするような場合や、尿の量が異常に多い場合は適切なケアを(獣医師の元で)受けるようにしましょう。

普段から、犬に与える水は「安全で体に良いもの」を与える必要があります。犬は人間と違い、ミネラルウォーターを必要としません。ミネラル分が多ければ、体内にナトリウムがたまりやすくなってしまうからです。「体に負担の少ない水」を選ぶのであれば、水道水やミネラルウォーターはオススメ出来ません......。

犬のケアには、ペット用に開発された「ペット水素水」などを用意して、普段から「飲み水」にすると良いでしょう。ミネラルや細菌、ウイルスを濾過装置を使って取り除いているため、水道水よりも安全に用いる事が出来ます。犬や体の小さなペットは、どうしてもウイルスや感染症にかかりやすい動物です。このため、人間以上に細やかな健康管理が必要とされています。

愛犬の様子を毎日チェックしてみて、明らかに水を飲む様子が「普段と違うな......」と感じたら、尿の量と合わせて確認を行います。3キロ程度の子犬であれば、150ccほどの水が「一日の水分目安」となります。10キロ前後の犬であれば500ccほど、また30キロであれば1500ccを目安にしてみてください。

トイレに行く回数だけでなく、尿の量が多い場合も注意が必要です。病気にかかりにくくするため、安全な飲み水を与え、トイレは清潔な状態を保つようにします。また、ストレスが溜まらないように散歩はこまめに行いましょう。そして、必要な時にはいつでも安全な水(ペット用水素水)を用意しておいてあげて下さい。

ペット用水素水の人気メーカー「ペットの甦り水」は、ペットの健康管理には欠かせない水として、多くの愛犬家が使用しています。スパシアはもちろん、赤ちゃんから大人、お年寄りの方、病気の方でも安心して「健康になれる水」として愛飲されています。ペット用水素水ペットの甦り水を愛犬と一緒に、ご家族で健康管理に用いるのも大変オススメです。

ペットに多く見られる心臓病や糖尿病、ガンなどの重い病気だけでなく、皮膚病や目の病気など、様々な病に「改善の兆候が出てきた」「元気になってきた」と評判です。化学処理なども一切行っていないので、毎日の飲み水には最適な商品と言えるでしょう。