犬の死因の約75%は 癌や心臓病、腎臓病です。体内の活性酸素を除去することによって未然に 防げる可能性があります。

犬の病気を防ぐ為に、飼い主は何をすればいいのか

犬の病気を防ぐために

あなたの大切な家族でもある愛犬の様子がなんだかおかしい…そんな時はやはり病気を疑ってしまいます。まずは、どんな様子なのかを細かく観察してみましょう。

飼い主さんであれば普段との違いは気を付けなくてもすぐにわかるものかもしれませんが、ついつい頑張りすぎてしまう子もいるので普段から注意深く見るようにしておきたいですね。

まず、元気はありますか?いつもは飼い主さんを引っ張っていくくらい大好きなお散歩なのに、なんだか行きたがらないなんて事は無いでしょうか。大好きなペットフードを残してしまったり。そんな好きな物に対しての反応が鈍くなる事があります。

私達も体調が悪い時は好きなスポーツも、好きな料理もあまり食べれないもの。なので体調が悪いのかな?と疑うようにしましょう。

次に、普段とは違う症状が出てはいませんか?なんだかすごくお水を飲むようになったり、かゆそうに体をかいていたり。このあたりはしっかり見ていないと見落としてしまう事もありますね。ご家族みんなで面倒を見ている場合も、誰かが餌やお水をあげたらどこかにメモしておくような習慣を付けるようにする事で、ご家族全員が普段摂取している食事や水の量を把握する事が出来ます。

こういった習慣は病気を知る事だけでなく、病気の予防にも繋がります。しっかり一定量の食事と水を与えるようにしたいですね。

出来れば便の状態や回数も確認するようにしておきましょう。便秘になっていたり下痢をしてしまう場合もあります。例えばお子さんが犬の世話をしているご家庭もあるかと思いますが、子どもに餌や水の回数と量をメモしてもらうだけではなくてご自分でも便の状態はどうなのかとこまめにチェックしてあげる必要があります。

飼い主が普段できること

私達人間がかかる病気というのは本当に数え切れないくらい多いものです。それは犬も同じで、同じように気を付けないといけません。犬の場合は言葉での意思疎通が出来ませんので、飼い主が責任を持って様子をチェックしておく必要があります。

もちろん、普段からしっかり健康に気をつけてあげないといけないですね。今は昔に比べて、犬の病気に対する治療法も増えてきました。ですが、それ以上に飼い主の間違った可愛がり方によって病気になってしまう子も増えているのです。求めてくるからとにんげんと同じ食事を与えてしまったりと、そんな方も多いものです。なので飼い主は家族として迎え入れたのですから責任と愛情を持って常日頃からしっかり対策しておくようにしたいですね。

ペット用水素水 ペットの甦り水